終身タイプのがん保険のメリットとして、保険期間が定期のがん保険に比較すると非常に安心感がある

がん保険に加入すると給付金が支給される

がん保険に加入するメリットについて見ていきましょう。

がん保険に加入している場合には、がんであると医師から診断された場合に、がん診断給付金のまとまったお金を支給されるため、民間医療、先進医療などに使用することができます。
これは、医療保険の場合には支給されないため、がん保険だけのものになります。

また、がん保険に加入している場合には、給付金ががんの治療の場合の放射線治療や抗癌剤治療についても支給されます。さらに、医療保険と比べた場合、手術給付金や入院日額も倍以上の金額が支給されます。
例えば、入院日額の場合、医療保険の場合に最大1万円であれば、がん保険の場合は最大2万円が支給されます。

これ以外のメリットとしては、死亡保障も受けることができる、再発した場合も診断給付金が支給される、期限がない給付金は長期的に支給される、治療が長期間の場合でも保障を継続して受けることができる、ということが挙げられます。

また、がん保険と医療保険を二重に加入する場合は、保障をどちらの保険からも受けることができるため、手術や入院だけでなく、通院費についても倍になります。
そのため、両方に加入しておけば、がんに対してしっかりと備えることができます。愛媛県行ってみない?